大阪にある興信所の探し方選び方

探偵業とは、他人の依頼を受けて特定人の所在または行動についての情報取得のために、面接による聞き込み、尾行、張り込みその他の方法により実地の調査を行い、調査内容を依頼者の報告する業務を言います。探偵業者に依頼を想定する場面としては、浮気調査やストーカー対策など依頼者の生活の平穏が妨げられている修羅場的状態に置かれているにもかかわらず、警察などの公的機関にも相談しづらい状況におかれている状況が想定されます。依頼者としては、いわば緊急事態に窮余の策として探偵業者に依頼して情報収集し、事後の対策をなんとか講じたいと考えているはずです。大阪において、このような場面で依頼者の意向に沿った形で必要な情報を適正な価格で獲得できるかどうかが、興信所(探偵業者)選びの上でのポイントです。

まともな興信所かどうかの、判断基準は?

大阪で興信所を選ぶ際にまず注意すべきなのは、その業者が信頼に足りるかどうか、と言う点です。探偵業と言えば警察にも依頼するには抵抗がある、あるいは警察沙汰にするまでも無い家庭内の浮気トラブルなどで従来から活動してきましたが、顧客との間でトラブルが発生するなど問題事案が相次いだため、平成18年に「探偵業法」と言われる業法が施行されています。しかし同法による規制は弱く許可制ではなく、公安委員会への届出制が取られているので悪徳業者が完全に淘汰されているわけでもありません。大阪のような都市部では依頼数も多いので悪徳業者に引っかからない事が大事です。ポイントは連絡するのが電話やメールがもっぱらで面談するにしても外部の喫茶店で設定するなど、営業の実態が疑われる業者の場合です。

信用できる興信所に辿りつく為に大事なこと

探偵はその業務自体が表立って行動する性質のものでないため、一般人からすれば業務の実態が分かりづらいのは否定できませんが、何でも屋ではありません。探偵業法に規定されているように、依頼を受けての情報収集を行う、聞き込み、尾行、張り込みなどの実地行動を行い依頼者に報告する、この2点になります。仮になんでも対応します、ように体裁の良い返答をする場合本来の情報収集能力に疑問符が付きます。また探偵には探偵業法に明確な欠格事由が定められており、誰でもなれるわけではありません。適法な業者であれば公安委員会に届出がされています。逆に言えば届出も出来ない業者は過去に不祥事やトラブルを起こしたために届出が出来ないと推認することも出来ます。探偵には得手不得手の分野があります。どの分野の情報収集が得意かも質問して確認しておきましょう。費用は実際の依頼内容に応じて投入人員や期間も異なります。絶対に面談の上で見積りや追加費用について事前にとり決める必要があります。

納得のいく調査結果をお約束します。 女性も安心してご相談下さい。 女性にも安心してご相談頂けるよう、女性の相談員・カウンセラーが在籍しています。 見極めが重要! 人材育成による質の高い調査力! 北海道から沖縄まで、国内の全地域に事務所があり、専属の調査員が在籍。 お気軽にご連絡下さい。 地元の専属調査員が動くことで、余計な経費がかかりません。 確実な調査と低価格を実現しました。 興信所を大阪でお探しの方はこちら